​私たちの活動目的

東京-名古屋間で工事が始まったリニア中央新幹線。東京-名古屋間を40分、東京-大阪間を約70分で結ぶ予定であることから「夢の乗り物」などと呼ばれていますが、自然環境や国の財政に大きな負担をもたらすものであることが明らかになりつつあります。
具体的には、
・南アルプス直下の巨大なトンネル工事による水枯れなど自然環境の破壊。
・大量の電気が必要となることから原発再稼働への口実となる。
・公共性が高い事業であるにもかかわらず民意を全く反映していない。
・工事主体のJR東海に対して、国が3兆円にも及ぶ財政投融資(税金の投入)を実施。

など、多くの問題を抱えています。
私たちはこのような問題点をより多くの人たちに知ってもらい、リニア中央新幹線の必要性についてみんなであらためて考えてみようと学習会や街頭宣伝活動、署名活動などを行っています。

私たちの活動

リニア勉強会の報告です

街頭での宣伝活動の報告です

​その他の活動の報告です

​私たちが作っている通信のバックナンバーです

Ⓒ リニア市民ネット・大阪  

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now